スポーツ障害ってどんなもの?予防は??対処法は??|富山市にあるけんとれ接骨院

スポーツ障害ってどんなもの?予防は??対処法は??

スポーツ障害とは?

長期間、スポーツで同じ動作を繰り返すことで筋肉や骨、腱の使い過ぎになり、慢性的な痛みが生じることを言います。その時の筋肉の状態は、固くスジがつっぱった感じになっていることが多いです。また患部をかばって2次的な痛みがほかの箇所に出ていることも多いです。

特に成長期の子供や、加齢により体力が低下している中高年が運動しすぎると起こりやすくなります。軽傷であれば運動時だけ痛むのですが、重症になると運動時以外でも痛みや腫れが続く場合があります。つまり、日常生活にも影響が出る場合があるということなので、注意が必要な障害なのです。

<鑑別方法> ※簡単に識別が可能です

  • 運動前の痛み→ケガしている。
  • 運動中に発生した痛み→患部にかかる負担に耐えられないため今後ケガにつながる可能性がある。
  • 運動後の痛み→患部にケガはないが、筋力不足と体の間違った使い方やズレがある。

<対処法>

  1. 無理をせず、すぐに接骨院へ。早ければ早いほどいいです。
  2. 筋力強化しながら運動を継続する。
  3. 運動後、アイシングなどセルフケアを行いながら運動を継続する。        

2と3に共通するのは、筋力不足。単にトレーニングを積み重ねればいいというわけではない。体幹トレーニングやコンディショニングが必要。        

具体的にどんな障害?

「野球肘」という言葉を聞いたことはありませんか?練習熱心な野球少年に見られるケガの1つで、慢性的に肘の関節を使いすぎて靭帯が剥がれたり、軟骨が壊死してしまったりするものです。体操の選手にも野球肘を同様の症状が現れます。

このように、スポーツによって起こる慢性的な損傷のことを「スポーツ障害」と言います。部活動に熱心な中高生に多いスポーツ障害ですが、具体的にどんなものがるのでしょうか?

例えばサッカーでは、小さなねんざの積み重ねで膝や足の関節に痛みが出てきます。オスグッッド病は、ランニングやジャンプを繰り返すうちに、膝の腱付着部が引っ張られることで起こる膝の障害で、ひどくなると骨折することがあります。原因は、単純に大腿四頭筋のストレッチ不足です。

ランナーに多いのは足の疲労骨折や足底筋膜炎や肉離れなどからの痛みです。意外とランニングフォームのズレや接地~けり足がながれていることから発生していることが多いです。    

治療法は?

肘関節の炎症や肩の投球障害は、初期のころは運動を休むことで痛みは治ります。運動を休み、安静にしても投球時の痛みが続く場合は、専門医を受信してください。

強い痛みや、軟骨や腱の損傷がひどい場合は、手術を行うこともあります。

オスグッド病は痛みが出れば休む程度で、運動は続けてもよいとしています。疲労骨折も安静が第一ですが、治りにくい部位(例えば足の第5指の骨折など)は手術適応となります。

予防するには?

成長期の子供には、過剰なトレーニングをさせないことが重要です。しかし、親や指導者などが適切に指導をし、リカバリーや栄養供給、睡眠時間をしっかり設けることで強度の高い運動を継続することができ、アスリートを目指すような質の高いトレーニングをすることも可能です。中高年の人は、メディカルチェック後、運動を始められることをお勧めします。肥満や糖尿病で運動を勧められている人は、プールでの水中歩行など膝に負担がかからないスポーツをするのがよいでしょう。中高年で一番気を付けるのは、運動不足解消のために急に張り切ってトレーニングするのではなく、長期的に無理のない程度のトレーニングをすることが大事です。                                

私たち富山市にある「けんとれ接骨院」では、豊富な経験をもとにスポーツ障害を予防するお手伝いができます。トレーニングジムも併設しているので、そちら知識やノウハウでの指導もできます。

スポーツで無理をして日常生活にまで影響が出れば、スポーツも楽しめなくなりますし、ストレスも溜まるようになってしまいます。楽しく健康に生活するためにも、スポーツ障害を予防することを意識してスポーツを楽しみましょう。

予防が一番!

身体の不調や症状の
ご相談はこちら

整体メニュー