交通事故!ほおっておくとこわい【むちうち症】|富山市にあるけんとれ接骨院

交通事故!ほおっておくとこわい【むちうち症】

むちうち症とは

むちうち症とは、主にに自動車の追突、衝突、急停車や、スポーツ時の衝突や、高所からの転落などによって、首が鞭のようにしなることによって起こる症状をいいます。むちうち症は正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれます。症状は、首の痛みや動かしずらさ、しびれ、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気、顎関節の痛みなど、様々です。症状の多くは、2~3か月以内に徐々に良くなっていくと言われますが、数か月、数年と苦しむケースも見られます。むちうち症の特徴として、事故直後は異常や不調を感じにくい、ということが挙げられます。例えば交通事故に遭うと、当事者は興奮状態であるため、痛みを感じる感覚が麻痺していることがあります。数日経過して、首が痛い、やたらと肩がこる、などの症状を感じてようやく診てもらうことが多いです。なので、交通事故後しばらくは、気をつけて様子をみることが大事です。

どういう風にしてなるのか?

胴体の上に乗ってる頭は、それほど安定してるとは言えません。そこに強い力が急にかかると、重い頭を支えている首に瞬間的に強い負担がかかります。首も構造上あまり強くはない上に、重い頭が激しく揺さぶられるので、首の筋肉や靭帯を痛めてしまうのです。

対処方法

発症して日が浅いうちは、組織が傷ついたり炎症が起こっている可能性もあるため、無理に動かさないようにして、痛みに応じて痛み止めの薬が処方されます。必要に応じて頸椎カラーという固定具をつける場合もあります。

比較的軽症な、骨折や脱臼を伴ってないむちうちは、過度な安静が症状を長期化させる事があるので、無理のない程度に動かすことが大事になります。これは、ぎっくり腰の時と同じで、過度な安静で筋肉が衰えてしまい、それが症状の改善を妨げてしまうのです。ただ、自分で状態を見ながら適度に動かすのは、意外と判断が難しいです。けんとれでは、症状や状態にあった患部への施術に加え、動かし方のサポートもいたします。

身体の不調や症状の
ご相談はこちら

整体メニュー