柔軟性のある身体は、ケガの予防に効果あり! 美容にも!|富山市にあるけんとれ接骨院

柔軟性のある身体は、ケガの予防に効果あり! 美容にも!

ケガになりにくい身体

みなさんも、今までにケガをしたことがあると思います。よくあるのが、身体のどこかをぶつける打ち身でのケガです。それに、普段の生活の動きの中で急に身体の関節をひねってしまって靭帯や筋肉を傷めたり、急に筋肉を伸ばしすぎたりして負荷がかかって筋肉を傷めたりすることもあります。

普段の生活での動きもですが、スポーツ時の動きの中でも、筋肉や靭帯の可動域が広いとケガをしにくいのです。要は、動きの中で無理な態勢になっても負担がかかりにくくなるのです。筋肉や靭帯をゴムに例えてみると、古くなって硬くなったゴムは急に引っ張ると切れやすいですよね。柔軟性がない筋肉や靭帯は、硬くなったゴムと同じで故障しやすいのです。けがをしににくい身体とは、すなわち柔軟性がある身体なのです。

美容にもいい

老化は誰しも避けて通れないものです。例えば、背中が丸まっていたり、首が前に出たりする姿勢は、年を取った人がよくする姿勢ですよね。でも、身体が柔らかいと背筋が伸びやすいので、若々しい印象を持たれます。また、身体が柔らかいと血行が良くなることにも繋がるので、基礎代謝の増加や肌のターンオーバの-活性化などの美容に良い効果も期待できます。いわゆるアンチエイリアシング効果ですね。

『基礎代謝の増加』 筋肉を動かして柔軟性を高めると、血行が改善され、基礎代謝が上がります。代謝が上がると運動していないときでも消費エネルギー量が増えるので、太りにくい体質になります。手先足先の冷えの解消や、毛細血管まで酸素や栄養分が届く肌にもいい影響を与えます。

『肌のターンオーバー機能の活性化』 身体が柔らかくなって新陳代謝が活発になると、老廃物を取り除いて栄養分を取り込むというサイクルが正常に保たれます。肌のターンオーバーは早くても遅くても良くないのですが、正常化することで綺麗で若々しい肌に近づきます。

身体を柔らかくするには

身体を柔らかくするには、やはり日ごろのストレッチで筋肉や腱を伸ばすことが大事になります。千里の道も一歩からといいますよね。まずは簡単なストレッチから始めると、しんどくならず続けやすいと思います。ただ、身体の柔軟性がつきにくい身体だとは、自分だけで改善するのが難しい場合があります。けんとれでは、豊富な知識や技術で柔軟な身体にするお手伝いをいたします。

身体の不調や症状の
ご相談はこちら

整体メニュー