ストレッチで足が速くなる!

柔軟性がついてストライドが大きくなれば

足が速くなりたいと思う人、思った事がある人は多いと思います。特にスポーツをする人は多いでしょう。でも足が速くするためにする事といえば、筋トレが多いんじゃないでしょうか。たしかに筋力アップも大事ではありますが、柔軟性もとても大事なんです。

A君とB君が競争するとして、体形や筋力や走るテクニックが同じならば、柔軟性があるほうが有利になります。柔軟性があるということは、身体を大きくしなやかに使えるということです。

例えば、ストライドが大きくなります。一歩が大きくなれば、速く走れるのは当然でしょう。歩幅が少しでも大きくなるためには、ストレッチをして柔軟性を上げることが必須ですし、柔軟性が上がれば身体全体をしなやかに動かせるようになり速く走れる要素が増えます。

足の速くなるストレッチ

★股関節を柔らかくする体操

①足を肩幅位に広げて立ち、片足を大きく後ろに出す。

②上体はまっすぐにしたまま、腰を下げていく。

③膝は床に着けずに、90度を目指して曲げていく。

④右腕を上げて、耳につけて上体を左側に曲げる。

⑤上体を戻し、後ろ足で床を蹴って元の位置に戻る。

⑥左側も同じように行う。

★股関節からお尻をほぐす体操

①腰幅に足を広げて立つ。

②右足を大きく横に一歩出し、お尻を後ろに押し出す。

③右ひざは90度になるように意識して曲げる。

④つま先は正面に向かせ、左膝は伸ばすように意識しながら行う。

⑤左の内転筋が伸びていることを感じたら、右足で地面を蹴って元に戻る。

⑥左足も同じように行う。

★全身の筋肉を上手にほぐす体操

①両手両足を床につけ、両足は肩幅程度、両手は肩幅より広げる。

②お尻を上げて身体全体で三角形になるようにする。

③三角形を意識しながら手のひらと足の裏に力を込め、床をしっかりと押す。

④両脇と背中の伸びを感じながら、かかとを押して膝の裏を伸ばす。

⑤3~5回程度、深呼吸する。

⑦ゆっくりと元の位置に戻る。

★お腹周りをほぐす体操

①仰向けに寝転がる。

②足を腰幅に広げて膝を立てる。

③耳の横に両手を置く。

④床をぐっと押してブリッジの態勢になる。

⑤その状態を5秒~10秒キープする。

⑥ゆっくり身体を下す。

~上級者編~

膝立ち四つん這いから、身体を反転させてブリッジの形になる。

★太ももからふくらはぎをほぐす体操

①ストレッチマットの上などで膝立ち四つん這いになる。

②膝立ちの状態で、左足だけを前に出す。

③左足を挟む形で両手をマットにつき、ゆっくり前に倒す。その時、右足は浮かないようにする。

④筋肉が伸びているのを感じたら20秒キープする。

⑤元に戻す。

このようなストレッチを自分ですることで、走るスピードの向上が図れると思います。ただ自己流になったり、自分一人だけでやるのは難しい人も多いと思います。

けんとれでは、豊富な知識と技術を持つトレーナーがしっかり対応して効果的に柔軟性アップのお手伝いをいたします。また、併設している接骨院で身体のケアも出来るので、より効果的です。

富山アピタの隣り(41号線沿い)にありますので、お買い物の行き帰りに身体のケアをすることも出来ますよ。お気軽にどうぞ♪

˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙✐✐✐✐✐✐✐˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙

★けんとれ接骨院★ ★けんとれトレーニングジム★

⁡ご予約、お問い合わせ

LINE→ @895lfxof

けんとれ接骨院ホームページはこちら

けんとれトレーニングジムホームページはこちら

TEL →076-461-7642⁡

富山県富山市上袋605-2 それいゆビル1階

⚪︎営業時間⚪︎

9時30〜12時30

3時30〜19時00

⚪︎定休日⚪︎

水曜日午後、日曜日

⚪︎支払い⚪︎

現金、クレジットカード、PayPay⁡

⁡˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙˙✎✎✎✎✎✎˙˙˙˙